YOCO ORGAN・0081の視点から見る、
ローカルシーンを「続けていくこと」と「繋げていくこと」

Interview with 0081 from YOCO ORGAN
インタビュー・テキスト: Spice Up the Life

これからは、『環境や場所を作れる人たち』が強い。

――すごく面白いと思いますが、一方で、いかにパイが小さくなってもお金になる部分を頑張って取り続けて生き延びていく…という手法もあるわけじゃないですか。悪い意味ではなく。

0081 要素としてはどっちも必要な姿勢だと思うんです。僕は音楽だけで食ってるわけではない、というのもひとつあります。勿論それだけで食ってる人たちから見たら、また違う見え方があるでしょうし。
そういえば音楽とか表現を考えた時に、特に今回の件では“それで食ってるか食ってないか”の差が顕著に曝されてくる部分があったと思うんですよね。ていうのが、僕ら補助金申請もできなかったんです。音楽以外の所得がある段階で対象にもなってなくて。アーティスト一本でやってないと一切対象にならないんですよ。

――そうなんですか…。

0081 でも、生計の半分はアルバイトとかしながら素晴らしい音楽を作ってる人って日本中見渡せばすごい数いるはずなんですよ。でもそういう人たちは公的なサポートはなかなか受けられない状況です。

――難しい問題ですよね。音楽だけでやっていた人たちは当然優先してサポートされるべきなんでしょうけど、半々で食べていた人たちは半分がなくなっても特に補助されないという。

0081 補助とか補償がない、というお金の問題というよりも、ほかに仕事をしている少しの余裕があるからこそ音楽的にチャレンジできてた面もあると思うんです。売れる売れない、じゃなくて、新しい音楽性だったり、所謂ですがメジャーの土俵ではできないような取組みとか切り口とかを担っていた部分があると思うんです。それがまとめて「音楽だけで食べていなければ表現者・アーティストではない」という、引導を渡された感があったんですよ。僕はその時、おカネ的なことより結構その区切りに絶望しました。
今こういう状況だからこそ、他に生活の糧があるからできる表現というものもあるし、お金にならなくても自主でやるんだと決めれば好きなこともできるはずなんです。

―― 一概に“アーティスト”といっても、バックグラウンドや、やり方の面でもこれから問われてることが全然違ってくるということですかね。

0081 だと思いますよ。音楽だけの話でもないですよね。作家性があるもの全部そうだと思います。「収入の得かた」で線引きされちゃったので。

――なるほど…。

0081 で、その状況だと、続けていけるのは“自分で環境や場所を作れる人たち”だと思います。ここでまた今回の楽曲参加メンバーを見てみても、結局彼らはみんな家で録音できるんですよ。

――それは結構、重要な視点かなと今伺って思いました。

0081 彼らはみんな自分たちで環境を作ってきたし、その中で録音なんかも自分たちでできたから生き残って来れたんだと思う。全部レーベルとかに任せてた人で、運営が止まれば全部止まるみたいなのはキツいでしょうね。これは自分たちが今まで超インディーでやってきた肌感覚でしかないですけど。